2013年01月19日

東京・大阪お天気対決 私の悟り

皆様、東京と大阪は、どっちが寒いでしょう。
先日、1月14日のことですが、東京では午後から雪になり、降り出した雪はかなりの積雪になったようです。大阪より東京の方が積雪が多いのはたしかです。イルカが歌ってヒットした「なごり雪」という歌も東京の雪の風景を歌っていました。

111.jpg
画像検索で拾いました。毎日新聞

このところ寒い日が続いており、その後も積雪の注意など、天気予報では伝えていました。
東京はちょくちょく積雪があるようです。対して大阪は雪のかけらもありません。
ならば、東京は大阪よりも寒いのか?

私は疑問を抱きましたが、「いや、それはおかしい」と瞬間的に感じました。
積雪が多いか少ないかは、気温ではないのではないか。と思ったのです。
大阪より、東京がいくぶん緯度は北寄りにあることはたしかですが、それは寒い理由にはなりません。調べてみたら、2013年1月(18日まで)の気温は東京より大阪の方が低い、冬日が多いことが分かりました。大阪の冬日は4日、東京の冬日は2日しかありませんでした。
大阪の方が気温が低いのに、なのに東京は積雪。

7toshi_KionKaikyu_2013.gif
大阪の気温

大阪の気候は瀬戸内海型の気候と言われるので、もともと降水量がすくない。いくら寒くても晴天では雪は降らない。
どうも、私はバカなのか、これまで寒い地方の方が積雪が多いと思っていた。それが間違いなのを悟りました。近畿地方でも滋賀県などでは積雪がよくあります。それは気温が低い、寒いと理解していたのです。北陸・山陰地方はもちろん多い。寒さだけでない積雪をもたらす理由とは?

私の感じでも、大阪の今年の天気は、例年より晴天がすくないと感じます。夜空を見ても星がはっきり見える日がすくない。
理科の教科書に気候の説明がありましたね。季節風が中国山脈に当って雲が発生して雨や雪を降らせると。だから山陰・北陸では降雪が多い。

そういや、桜の開花は大阪より、東京の方が早いようです。
東京の雪とか、富士山が見えるとか、なんとなく大阪から見て、羨ましい感じもありましたが、都市機能が麻痺したりするのを、羨ましがる方がおかしい。積雪なんぞない方が良いに決まってる。プラス思考で考えるとか行動するのがいい。そういうことだった。
まあ、ちょっと雪景色がロマンティックに感じただけ・・・。


posted by まっち店長 at 22:08| 都市論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする