2013年06月18日

毎月配当型の投資信託が「大人気!」

今回はすこし違った記事にいたします。
毎月配当型の投資信託が大人気!知ってますか?
ところが、アベノミクスの息切れか、期待が大きくて、円安になったこともあり、株価と同じ値上りが続いていた「投資信託」が坂道を転がり落ちるように急落しました。
もう2年前くらいに買い付けた投資信託2013年5月22日に、5,794円まで値上がりした。
もう5,000円を割ることもなかろうと思っていたが、円安基調になって急落。
6月14日には、1カ月もしない間になんと4,700円まで急落してしまった。(買い値4600円)

投資信託(毎月配当型)というと、証券屋さんなどで扱っている、年金生活者に人気の商品。金利の安い時代に、おどろくような高配当商品。
たったの60万円で買い付けたが、毎月1万円以上受け取れる。年間に12万円受け取りできる。600万円だと、年間120万円受け取り。1200万円だと、年240万円。
1200万円買うだけで、年金収入よりも多い金額だよ。

だから富裕層は皆さん買っている、だから余裕のよっちゃん。僕はいろいろあって、退職金がなかった、退職後、余裕のない貧乏人生。
普通は役所勤務なら、多額の退職金が入るし、中小企業勤務でもそこそこの退職金が支給される。
僕は20年前くらいに貯金はすべて株で持っていた。多少の売買もしたが、それがこの20年間に長期下降線をたどり、10分の一くらいまで減少してしまった。1000万円が100万円程度に。これが痛かったが、すべて後の祭り。
歳がいって金がないのは困るのよね。年金だけでは生活できない。
といっても、年金だけで、普通のひとなら、年200万円以上あるからね。
最低厚生年金が必要。年金加入してないひとは、もっと困ることになるよ。


posted by まっち店長 at 16:30| 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする