2013年11月28日

株の師匠と崇めた仙人宅を訪問

昔、株の師匠と崇めていたOさん宅を訪れました。
この人との出会いは写真趣味から親しくなったのですが、いつしか株の話に花を咲かせていました。久し振りの訪問でしたが、ご夫婦ともにお元気でした。
奥様も株をやっておられる御夫婦です。ぼくはこれまでの仕事の経過、なぜ転職したのかなどを話しました。
結局、この日もやっぱり株の話に落ち着きました。

004.JPG
ご自宅の居間です。

001.JPG
仙人ことお師匠さんの肖像です。

大証1部単独銘柄が面白いのですが、それは師匠に教えられたのです。
現物市場は東証・大証が統合しましたが、統合されてもその面白さは引き継がれたようです。大阪単独銘柄でもぶっちぎりで面白いのは「名村造船」でした。
僕は30年前あたりによく売買しました。
ぼくはある法則があるのではないか?と考えました。真剣に考えたら、分かったのです。
それを師匠に話したら「よう分かったな」と答えました。
あとは動物的な勘がある程度必要とのことでした。

大証1部単独銘柄と一口に言っても、なかでも名村造船の強さは圧倒的でした。
持っていても安心な株が名村造船でした。いつも兄弟コンビのようにつかず離れずの銘柄にサノヤスがありました。似たような株価で推移する銘柄でしたが、最終的には名村造船の勝利となりました。
大証1部単独銘柄の面白さは覚えたらやめられない。その中で名村はぶっちぎり。
10月21日には年初来高値1,560円を付けました。年初来安値は1/4の289円。
11月28日の終値は1,340円△52円高・・・
そうはいっても、今から買ってもアカンよ。せめて500円位までに買わないと。
僕が買っていたころは100円〜200円程度でしたが、バブル時期には1500円あたり。
仕手性がぶっちぎりの人気銘柄です。無配であろうが、内容はどうでもいい。
当時、師匠も言っていた。業績は関係ないな。
[PR]


posted by まっち店長 at 14:01| 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする