2012年11月18日

紅葉の見頃は?

紅葉を見に行って、「もうはまだなり、まだはもうなり」とういう相場格言を思い出しました。株に劣らず、紅葉の見頃も難しいようです。
一年で昼の長さがもっとも短くなるのが冬至。北半球では太陽の南中高度が最も低く、一年の間で昼が最も短く夜が最も長くなる日。

013.JPG
大仙公園の平和塔

とにかく近頃夕暮れがやたら早い。大阪の11月18日の日の入り時刻は16:52 12月21日の冬至まで約1ヶ月ですが、日没時刻はすでに一年でもっとも早い時期になっています。
日没の早くなる日は11月30日〜12月9日が、16:47 10日間同じ時刻で貼り着いています。時刻はすべて大阪の時間です。場所を特定しないと話にならない。
大阪と神戸でも違う。岡山、広島ならもっと違う。大阪と東京ではかなり違います。テレビ見てたら分かるでしょ。夕方の天気予報とか、大阪は明るいのに東京は真っ暗じゃんとか。

002.JPG
堺けやき通り

冬至の12月21日の大阪の日の入りは16:51です。日没は徐々にですが、遅くなっています。
明日11月19日の日没は、冬至の日の日の入り時刻とぴったり一致します。
たかが冬至、あなどるなかれ、昔は冬至の日は「死に一番近い日」と言われており、その厄〔やく〕を払うために体を温め、無病息災を祈っていました。
それと「冬至10日たったらアホでも分かる」という例えがありますが、おそらくは日没時刻を意識しての例えではないかと思います。事実は冬至ですでに日没はかなり遅くなっているのです。逆に日の出は冬至を過ぎてもどんどん遅くなります。

日の入りの時刻が最も早い日と、冬至の日とは一致しない。日本では、日の出が最も遅い日は冬至の半月後頃であり、日の入りが最も早い日は冬至の半月前頃である。


posted by まっち店長 at 22:17| カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月30日

デジカメ写真を楽しもう

この10年くらいでデジカメは飛躍的に普及し、昔のフィルムカメラに取って代わりました。フィルムカメラは過去のものとなり、よほどのマニアかプロの世界でない限り、フィルムの復活はなさそうです。

デジカメが普及した理由は、カメラの性能アップと価格の低下もありますが、なによりカメラ以外はタダ同然のような、ランニングコストの圧倒的な安さ。パフォーマンスが上げられます。
パソコンに接続したプリンターでプリントも自由自在ですから、プリンターのインクの消費にコストがかかるくらいです。その分、プリンターの価格は低廉に押えられています。プリントばかりしているひとは、インク代がバカにならないかもしれませんが、それでも、フィルムから現像・プリントを写真屋さんに頼むよりも安いでしょう。

002.JPG
作例:1

013.JPG
作例:2

じっさい、写真の趣味はフィルム時代は高くついたといえます。そのあたりが女性層の参入になったようです。一眼デジカメにしても機材があれば、あとはタダ同然というのがね。これが受けました。

じつはデジカメ普及はそれだけではありません。
ホームページでは敷居の高かった「WEBサイト」が、ブログの登場によって拍車がかかりました。個人の多数がブログ作成、WEBサイトを所持することの意味は、他人に見てもらう写真が必須となり、写真発表の場を持つことになりました。

こうなると、デジカメ撮影はプリントのためでなく、ブログに発表のためと変化します。それによって画像はパソコンに保存しているだけで、プリントさえしなくなります。ブログを持つことで完全無料が達成できてしまうのです。
そういうわけで、「デジカメは普及しないわけはない」という話なのでした。

ブログのススメのような内容になりましたが、とりあえず今回は前置きとして、次回から、すこしデジカメの具体的な使い方を書きたいと思います。
わたしのブログ歴は短くて二年程度ですが、ホームページ運営歴は長いので、デジカメWEB利用としては長いです。
ちなみにブログはニフティの「ココログ」と、現在はシーサーブログを使っています。

7月に紹介したデジカメを入れておきます。オススメのデジカメですが、

51O+kI7PjgL__AA300_.jpg
リコーのCX2です。CX4が発売されて下がっているようです。




posted by まっち店長 at 16:45| カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。